業務内容

水力発電及び電力輸送設備の保全を一元的に担い、九州における電気の安定供給に貢献しています

 発電所でつくられた電気は、高圧送電線を通じて電力消費地近くの変電所まで送られ、変電所で電圧を下げて工場や一般家庭などのお客さまのもとへ届けられていますが、発電所からお客さまへ良質な電気を安定してお届けするためには、送電線や変電所の機能を万全な状態に保っておくことが不可欠です。


 当社は、九州電力株式会社の所有する電力設備のうち、水力発電所及び電力輸送設備(送電線、変電所)の保守・点検等の設備保全(メンテナンス)業務を同社から一括して受託しており、電力の安定供給を支えています。


 当社が受託している電力輸送設備等の保全業務は、もともと九州電力が実施していましたが、高経年化が進みつつある電力輸送設備のメンテナンスを確実かつ効率的に行い、電力の安定供給を維持していくため、当該業務を専門に行う当社が設立されました。

 当社は、設備保全に特化した専門家集団として、保全計画の策定から実施まで設備保全に関する一連の業務を自律的に行うとともに、これまでに蓄積してきた知見や新技術を活用した、保全精度の向上と効率化に取り組んでいます。


 また、当社は、水力発電所・変電所の技術コンサルティングや系統解析などの業務も手がけており、九州電力の事業運営に欠かすことのできないビジネスパートナーとして電力事業の一翼を担っています。

電気の流れ(電力系統)


業務内容

九電ハイテック ホームへ戻る

ページの先頭へ戻る