採用情報

先輩社員からのメッセージ

※所属は取材当時

北九州支社 保護制御グループ 中原 亮太

1.九電ハイテックの特徴、良いところ

 九電ハイテックでは、主にチームで仕事をします。
 保護制御グループでは、主に3名程度のチームで保護装置のメンテナンスを行いますが、チームで仕事をすることを通じて、先輩とのコミュニケーションの取り方を学べたり、先輩から実務を通じて綿密に指導していただけるところが良いと思います。

2.現在の担当業務・役割

 変電所にある保護装置の定期点検や取替工事を担当しています。
 異動して間もないため、現在は、実際の作業を通じて、リレー盤の仕組みや試験機の使用方法を理解することに重点を置いています。

3.やりがいを感じる点

 現場での作業を通じて、実際に機器に触れ、点検や試験を無事終えた時、自分自身の業務が電力の安定供給に繋がっていることを実感し、やりがいを感じます。

4.今後の目標

 自分自身が現場技術のプロとなって、後輩に基本的な技術を教えることができるようになり、上長や先輩、後輩から頼られる存在となることが目標です。

5.プライベートの過ごし方

 休日は、フルマラソン完走に向けて公園などで走って体力をつけています。また、友人とおいしいものを食べに出掛けるなど、自分自身をしっかり充電するように心掛けています。

中原亮太さんの写真

中原亮太さんの写真

北九州支社 送電グループ 中村 莉樹丸

1.九電ハイテックの特徴、良いところ

 仕事を通じて、良質で安定した電気をお客さまに送る責任感とライフラインを守るという誇りを持てることです。

2.現在の担当業務・役割

 送電グループに所属し、6千ボルト~50万ボルトの送電線の保全業務を担当しています。
 送電線に事故・障害が発生した時の対応、巡視、点検、修繕工事などの保全業務を主に行っています。その中でも特に、カラスが鉄塔へ巣を作る際、木の枝や針金などの巣の材料が電線に触れ停電事故が起きることから、カラスによる鉄塔への巣作りを早期に発見し対処することで、社会的に影響の大きい停電事故の未然防止を行っています。

3.やりがいを感じる点

 点検や巡視、補修作業などにおいて、電線の損傷や電線に巻きついた異物、鉄塔部材の変形といった状況を発見し、適切に対応したことにより事故を未然に防げたことにやりがいを感じます。

4.今後の目標

 私の目標は、「現場技術のプロ」になることです。
 「現場技術のプロ」になるために欠かせないことは、安全を確保することです。今後の作業においても安全は全てに優先することを常に意識し、技術を磨き、「現場技術のプロ」を目指します。

5.プライベートの過ごし方

 自分の時間を持つことができるので、自己啓発や資格取得を目指しています。また、リフレッシュ休日(前後の土日を含め9連休)には東京や大阪に旅行へ行ったりしています。

中村莉樹丸さんの写真

中村莉樹丸さんの写真

宮崎支社 発変電工事グループ 柴田 莉沙

1.九電ハイテックの特徴、良いところ

 九電ハイテックは、主に水力発電所、変電所及び送電線の保守・点検等の設備保全業務を実施しています。日々の業務を通じて、電力の安定供給の一翼を担っていることを実感できる点が良いところです。

2.現在の担当業務・役割

 水力発電所や変電所の設備保全業務に関する基本的な知識や技術を身に付けるため、現在、発電所・変電所の定期点検を自分たちの手で直接行う作業チームに所属しており、変圧器や遮断器のメンテナンス業務を担当しています。

3.やりがいを感じる点

 現在暮らしている寮から、宮崎の町の夜景が良く見えます。夜景を見る時、この光は私が点検した設備から届けられた電気か、と思うと技術者としてのやりがいを実感します。

4.今後の目標

 当社では、設備の高経年化を踏まえ、最新の技術を活用した保全業務の高度化に取り組んでいます。個人的には、もっと電気について勉強して、知識を深め、保全業務高度化の一端を担っていきたいと考えています。このため、電検三種の資格取得を目指しています。

5.プライベートの過ごし方

 当社に入社したことで、九州各地に友人ができ、各地に観光ができるようになりました。特に、初めてフェリーで行った五島列島への旅は、海の綺麗さ、壮大さが深く印象に残っています。

6.その他

 九州電力と合同で開催される職場対抗バレーボール大会などのスポーツ行事に参加しています。このようなレクリエーションを通じて、職場内のコミュニケーションが円滑にできていると思います。

實香さんの写真

實香さんの写真

本社電気部 電気設計第1グループ 川野 哲也

1.九電ハイテックの特徴、良いところ

 上司と後輩が分け隔てなく会話ができるところです。
 当然自分で解決しなければいけないところは自分で解決しなければいけませんが、わからない事で行き詰ったりした時は、先輩、上司が相談、アドバイスをしてくれます。私は、それで何度も救われました。

2.現在の担当業務・役割

 発電所及び変電所の電気設備設計業務をしています。
 発電所は水力発電所を主に担当していますので、水量や落差を踏まえ水車を選定したり、発電所内のレイアウトを検討したりしています。
 変電所は、変圧器や遮断器を設置するのに必要な基礎設計や電力ケーブルの布設検討、周辺地域への騒音も考慮しないといけませんので、騒音設計や電気設備には欠かせない接地(アース)設計も行います。

3.やりがいを感じる点

 担当業務で自分が設計したものが、実際に現地に完成した時にやりがいを感じます。
 設計中は試行錯誤しながら検討を重ねるため苦労することもありますが、苦労した分、目標を達成した時はやりがいを非常に感じます。

4.今後の目標

 設計屋としてスペシャリストになること。
 そして、職場のメンバー一人一人が過ごしやすい職場環境をつくることです。

5.プライベートの過ごし方

 プライベートは、スポーツが好きなので、野球やサッカーをしたり、マラソン大会に参加したりしています。

川野哲也さんの写真

川野哲也さんの写真

本社保全部 発変電グループ 副長 糸永 貴志

1.これまでのキャリア

 私は入社後、現在の熊本支社で主に水力発電所・変電所の定期点検の管理業務を行ってきました。
 九電ハイテック発足後、本社保全部で勤務しており、現場の人が仕事をしやすいように、本社で全社共通ルールの策定など現場を支援する業務を行っています。
 また、新入社員等に対し、作業に必要な法令や技術面・安全面の指導を行っています。
 現在、本社で勤務していますが、そのベースとなっているのは現場での経験です。

2.やりがいを感じる点

 最近は、指導した新入社員の成長を感じた時、やりがいを感じます。
 最初見た時は頼りなかった新入社員が、仕事を通じて頼もしく成長する姿を見ることが楽しみとなっています。

3.今後の目標

 現場での経験により培った技術を、今後当社の核となっていく若い世代に継承していきます。

糸永貴志さんの写真

採用情報

九電ハイテック ホームへ戻る

ページの先頭へ戻る